Powered by fun9.net

配色の参考例

一口に配色と言っても膨大な数の色があり、組み合わせも無数にあります。
しかし、ある一定の法則に則って色を配置すれば
それほど難しいものではありません。

今回は色の組み合わせによる印象について
簡単に解説していきたいと思います。

 

まず、色が与える印象をわかりやすく解説するために
シンプルな服装の下の画像を参考例に使います。

 

上から
・ジャケット
・Tシャツ
・ベルト
・ボトムス
・シューズ

この部分の配色により印象を操作します。
実際のファッションではロゴ、プリント、柄などがありますが
今回はわかりやすいように出来るだけシンプルな形にして解説していきますのでご了承下さい。

 

■シックカラーリング

落ち着いた印象や、上品、大人の落ち着いたファッションを求める方には向いている配色です。
ある程度年齢を経て落ち着いたファッションを求める方や、
上品さを求める方にはオススメの配色です。

主に使われる色は、ホワイト、ブラック、キャメル(ラクダ色)、ワイン色、クリーム色、モスグリーン等です。

 

■ライトカラーリング

若さ、快活さ、明るさなどのファッションを求める方に向いている配色です。

デブの体型から陰気さや重さが出がちですがこういったカラーリングはそういった負の面を払拭する効果もあります。
また、より鮮明な色のものは体型をカバーする効果があります。

主に使われる色は、ホワイト、ブラック、ブルー、グリーン、オレンジ、イエロー、グリーン、レッド、ピンク等です。

 

■パステルカラーリング

柔らかい印象や優しげな印象、暖かい印象を与える効果がある配色です。

パステルカラーを使用するポイントはパステルカラーを使い過ぎないことです。
なぜかというとパステルカラーは体型が膨張して見えてしまうのでTシャツやシャツなどのインナーなど部分的に見えるものに配置した方が良いと思います。
主に使われる色は、パステルブルー、パステルピンク、パステルグリーン、パステルパープル、パステルイエロー、グレー、ブラック等です。

 

■ダークカラーリング


重厚さ、耽美さなどのファッションを求める方に向いている配色です。

使用する色の種類が少ないので配色は最も簡単なものだと思います。
しかし、その反面威圧感があるためネガティブな印象を持たれやすい配色でもあります。

単色でまとめてしまうと全身がひとつの塊に見えてしまうので体型が目立ってしまうので配色のポイントは差し色(ベースになっている色にアクセントとして入れる別の色のこと)を忘れないことです。

主に使われる色は、ブラック、ホワイト、レッド、パープル等です。

 

■アースカラーリング

男性らしさ、ワイルドさなどをファッションに求める方に向いている配色です。

草木や土などの色を使用するためこの配色は若さがあまり出にくい特徴がある上に
配色を間違うとオタクファッションのような印象も与える可能性がついてまわります。

そういった印象を与えないためには暖色(レッド、オレンジ、イエローなど暖かさを感じる色)と寒色(ブルー、グリーンなど涼しさを感じる色)どちらか一方に固めてしまわない配色にすることです。

主に使われる色はレッド、ブラウン、ワイン、グリーン、ブラウン、キャメル、ブラック等です。

 

■オタクカラーリング

こちらは今までの参考例とは別に
オタクファッションになりがちな配色の参考例です。

まず、オタクファッションになってしまう要素の大部分は
以下の4つです。

・色差の少ない色同士を組み合わせる(黒、灰色、茶色、水色、他くすんだ色全般)
・差し色に明るい色を入れない
・全身を黒で固める
・全身をミリタリー色で固める

こちらを避けるとオタクカラーリング脱出の助けになると思います。

以上参考になれば幸いです。

Share on Facebook
LINEで送る
Share on reddit

No Comments »

debuo on 13:53:09 in 基礎知識