Powered by fun9.net

デブファッションのボトムス(基本)

今回はボトムスについて解説していきたいと思いいます。

デブファッションの中でもサイズなどで苦労の多いボトムスですが
着方一つでオッサン臭が出てしまうものです。
どういった着方がどういった印象になるのか細かく説明します。

まずは
例としてオッサン臭の出ているボトムスとしてこの画像を御覧ください。

これは何故オッサン臭があるのでしょうか。
ポイントは5つあります。

1 股上部分
2 ウエストのシワ
3 丈の長さ
4 裾のシワの形状
5 色合い

1 股上部分

画像のように股上が長いボトムスは胴を長く足の短さを強調します。
このタイプは主にビンテージジーンズや、作業着、量販店の安いジーンズなどに
よく見られる形状です。

上着で覆ってしまえば見えないことも無いですが
様々なコーディネイトを考えるとあまり得策ではありません。
逆に股上が浅いもの(ローライズ)は足を長く見せることが出来ます。

2 ウエストのシワ

ウエストが太すぎるジーンズをベルトで搾ると
矢印で示した所のように不自然なしわが出ます。
これはフリーサイズの安物に見えてしまうので止めましょう。

3 丈の長さ

人間の目には基本的にボトムスの長さ=足の長さと認識されます。
上の画像のボトムスの長さ(ローカットスニーカーの上端が見え隠れする長さ)はもっとも足の短さを強調します。

目安としては下の画像のように
ジーンズの裾が一回折れるまたは、+かかとが隠れる程度が無難です。

ちなみにこの画像のようにロールアップをすると足を短く見せるのであまりおすすめしません。

5 色合い

基本的に服装をくすんだ色だけでまとめると
おっさん臭くなります。

例で言うと
オイリッシュ(オイルと青を混ぜたようなくすんだ青)な色のジーンズを
くすんだ服に合わせるコーディネイトなど。

なので、くすんだ色の服を選ぶ場合はハッキリした色のものとあわせて下さい。

上半身がくすんだ色の場合、ボトムスはハッキリした色。
下半身がくすんだ色の場合、上半身はハッキリした色。
逆にハッキリした色の場合はそれ同士で組み合わせてもそれほど問題ありません。

他に
何度も洗濯されて色が均一に落ちた色の薄いジーンズもオッサン臭が出るので止めましょう。

もし、色落ちのジーンズを履く場合は
生活の中でこすれて出来たような色落ちがあるものを選んでください。
(例、腿の上、お尻、ポケットの縁、上端、裾の先端など)

参考例

ちなみに、こういったビンテージ風加工の色落ちジーンズはどのジーンズブランドでもだいたい取り扱っています。
しかし、そういったジーンズをそのまま洗ってしまうと色落ち加工が落ちてしまうので
裏返して洗う、ジーンズ用の洗剤を使う、色落ちしにくい洗剤を使うなど、ジーンズをいたわる洗い方をしてください。

以上
ボトムスを選ぶ際に参考になれば幸いです。

___________________

脱オタクファッションの項目でもボトムスについて触れていますので
興味がある方はご確認いただければ幸いです。

デブの脱オタクファッション(ステレオタイプ編)
デブの脱オタクファッション(ステレオタイプ編2)

Share on Facebook
LINEで送る
Share on reddit

No Comments »

debuo on 04:28:44 in ボトムス