Powered by fun9.net

(日本語) デブの為の眉毛(基本)

今回は眉毛の整え方について

解説していきたいと思います。

眉毛と一口に言っても人によって形は千差万別、

さらにはその人に合う眉毛の形も目の形に依存します。

眉毛のタイプを分類すると

【上がり一文字】

・一番汎用性が高く、人相を選ばない

・精悍さを押し出した眉毛

【下がり一文字】

・気の弱さを押し出した眉毛

・威圧感のある人相を中和できます。

【上がり三角】

・男らしさと気の強さを押し出した眉毛

【下がり三角】

・気弱そうな雰囲気を押し出した眉毛

【離れ三角】

・おっとり&朴訥な雰囲気を押し出した眉毛

【への字】

・鋭利さを押し出した眉毛

・気が強さを押し出した眉毛

【太眉】

・素朴さを押し出した眉毛

【細眉】

・目に視線が向かう眉毛

・多少神経質さを出す眉毛

【小さめ三角】

・ヤンキー&チンピラテイストを押し出した眉毛

【水平】

・手を付けてない未処理の印象の眉毛

【円弧】

・目を大きく見せる眉毛

の12種類。

そして眼の形は大きく分けて

5種類あり、それぞれ相性の良い対応表は下記の通りです。

【二重普通】

このタイプの目は基本的に何でも合うのでそれほど

気にせずどの眉毛の形も合わせやすいと思います。

【一重普通】

二重普通の次に汎用性の高いタイプです。

ただ、細めの眉毛は眉下のくぼみ部分が目立つので太めの眉毛の方が良いかもしれません。

(くぼみが無い方はそれほど気にしなくて良いです)

【小さい目】

このタイプはまぶたが腫れぼったく見えるので目と眉毛の距離が離れるようなタイプや

眉尻が小さくなるようなものはなるべく避けたほうが良いです。

【ツリ目】

このタイプはもっとも眉尻をあげても違和感が出ないタイプです。

気の強さを押し出したい場合は眉尻を上げるタイプで

柔らかい印象を与えたい場合はなるべく眉尻を上げない眉毛にしてください。

【下がり目】

下がり目は最も眉下が広くなってまぶたが腫れぼったく見えてしまうので

眉下が広くならない眉毛を選んでください。

眉尻を上げたい場合は眉尻が細くないものを選びましょう。

最後に

削り方について

なれない方はまず失敗しないように

眉毛用ペンなどで削る場所と残す場所をあらかじめ

描いてからはさみで短くし、

それから抜いて下さい。

削る部分については画像の通りですが

なるべく眉毛の下部は削らないほうが良いです。

何故かというと、

眉毛の下部を削ると目と眉毛の距離が離れていき

まぶたが腫れぼったく見えてしまうからです。

また、

画像のような濃度が一定じゃない眉毛は

離れて見た時に公家の眉毛のように見えてしまうので

濃い方をある程度間引いて眉毛の濃さを一定にしてください。

この時使う毛抜きはなるべく細いものを使い

一本ずつ抜いて大丈夫なものか確かめながら抜きましょう。

眉毛の手入れ道具について

眉毛を今まで手入れしたことが無い方は

こういったセットから始めると便利だと思います。

(セットの中に入ってるブラシのようなものは眉毛用のクシでこれをつかって眉毛の流れを変えたり

眉毛を切りやすいように誘導するために使うものです)

ギャツビー メンズアイブローキット

ギャツビー メンズアイブローキット

posted with amazlet at 12.06.08
マンダム (2005-03-09)

売り上げランキング: 108

また、

毛を一本ずつ確実に掴むなら

こういった毛抜きを使うと便利です。

スイス・rubis(ルビス)社 ツイーザー・クラシック 1K102-CD

スイス・rubis(ルビス)社 ツイーザー・クラシック 1K102-CD

posted with amazlet at 12.06.08
rubis (ルビス)社

売り上げランキング: 3010

レブロン アイブロウペンシル 001 ダークブラウン

レブロン アイブロウペンシル 001 ダークブラウン

posted with amazlet at 12.06.08
レブロン

売り上げランキング: 31941

Share on Facebook
LINEで送る
Share on reddit

No Comments »

debuo on 04:52:29 in Appearance