Powered by fun9.net

デブの髪型(カラー編)

今回は髪型の中でも色について語っていこうかと思います。

日本人なら黒髪!とおっしゃる方もいるかと思いますが

何故茶髪にする人が多いのでしょうか。

それは色の効果が関係してきます。

例としてはこちらの画像をごらんください。

この画像の中でどれが一番”髪束”が見えるでしょうか?

一番明るいものではないでしょうか?

この画像でわかるように色が明るいほうがセットされた髪がどういうふうに配置されているか

わかるようになります。

例えば

黒髪だとセットした髪が少し離れると黒い塊にしか見えなくなることがありますが

髪の色を明るくすることによって離れても髪型がわかるようになります。

こういった効果が茶髪の補助的な役割の一つです。

また、髪の色が明るいと

・髪の毛が柔らかそうに見える

・髪の毛の量が多く見える

・髪の毛が膨張して見える

という効果があります。

また、

一口に茶髪といっても

いくつもバリエーションがありますが

暗めの茶髪であれば脱色したことが無い方であっても敷居が低くなるのでは無いでしょうか。

他に

色が明るいものを使う場合は

プリン状態にならないよう注意してください。

プリン状態とは脱色した髪と新たに生えてきた髪との色の差が出てしまいプリンのように二色になってしまうことを言います。

この状態のまま放置していると貧乏さやヤンキーの印象が強くなってしまうので注意しましょう。

Share on Facebook
LINEで送る
Share on reddit

No Comments »

debuo on 00:35:19 in ヘアスタイル