Powered by fun9.net

「清潔感」を持たれない服装とは?

前回に引き続き清潔感について解説していきたいと思います。


まずはじめに、
清潔感を持たれにくい画像の例として
この画像を御覧ください。

例1

いかがでしょうか。
この服装には清潔感を持たれにくいポイントは4つあります。

1 髪型
いわゆるスポーツ刈りをしている。
これはステレオタイプな服装に無頓着なオタクファッションでよく使われていたので、
かなりネガティブな印象を持たれやすいです。

2 服の色
いずれの服装もくすんだ色同士を集めている為に全体の印象を暗く誘導しています。
ちなみに色がどれくらい印象に強い影響を与えるかはこちらを見て頂けると理解しやすいと思います。

これらは同系色で色の明るいものに色を差し替えたものです。
いかがでしょうか?
色の明るさが違うだけでこれくらい印象に違いがあります。
暗く、不潔な印象を避けるにはくすんだ色を避けた方が効果的です。

3 靴
ジーンズに対してフォーマルスーツ用の革靴を履いているのは服装に無頓着であることを強調してしまいます。
また、フォーマルスーツ用の革靴のピカピカな質感に対して、服がくすんだ色の為より服が不衛生に見えてしまいます。

4 メガネ
メガネは様々な種類がありますが、銀色のメタルフレームは神経質さを強調し、ネガティブな印象を与えがちです。また、銀色と肌の色の対比が肌がよりくすんで見える原因にもなりがちです。
なのでメガネは銀のメタルフレームは避けたほうが無難だと思います。

________________________________________

例2

こちらの服装の不衛生に見えるポイントは4つ

1 髪型
こちらは前回でも触れた通り、少ない毛量を不用意に伸ばしたままにしている点です。
毛量が少ない場合はその少ない毛で頭皮を隠すのは逆にその髪の薄さを強調してしまいます。
なのでなるべく髪は短くして、目立たないようにした方が好ましいです。

2 服
黒い服は汚れが目立たないと思われがちですが、微妙に色が違う黒い服を組み合わせたコーディネートをするともっとも薄い黒の服がくすんで、傷んでいるように見えてしまいます。
黒+別の色は互いの色を強調しますが、黒+黒は清潔感を失わせがちです。
もし、黒+黒を選ぶ場合はどちらもある程度の濃度を保っているものが好ましいです。

3 靴下
白い靴下と丈の短いロングパンツは相性の悪いものの一つです。
基本的に白い靴下はカジュアルファッションに合わせるとかなり浮いて見えるので使いにくいアイテムです。
この組み合わせはそのパンツを数年使い続けてきた(=身長が伸びるくらいの年月ずっと使いづつけるくらい服装に無頓着)という印象を与えてしまいます。
なのでこの組み合わせは避けたほうが無難です。

4 Tシャツ
よれた服装は服が古く、傷んでいることの現れです。
なのでそういった印象を強く与えてしまうので変えたほうが良いです。
________________________________________

例3

この服装の清潔感を持たれないポイントは4つ

1 髪型
まず、この髪型は髪の毛を長期間伸ばしっぱなしにするとこうなる典型的な形状です。
特にその徴候がもっとも出ている部分は後ろ髪が首の後ろでぶつかって二段になっている所です。

これは長い間髪を切っていない特徴で、服装に無頓着という印象を与えてしまいます。

2 服
まずは、何度も取り上げたくすんだ色同士の組み合わせ。
次に身体の形に沿ったカットソーの使用。
カットソーは身体のラインがハッキリ出てしまうアイテムでデブファッションにはあまりおすすめ出来ないアイテムです。
また、服のよれ+内側のTシャツが見えている状態も不自然に見えてしまうポイントです。
これは片方が傷んでることを強調してしまうのでこういった使用法は避けたほうが無難です。
もし、カットソーとTシャツを重ね着するのであればカットソーを内側にしてTシャツを外側にした方が無難です。
(※画像のようにTシャツの襟がカットソーより狭い場合のみ)

3 スニーカー
ソールが減りやすい、または減っているスニーカーは歩き方をいびつにする上に、傾きが出てしまいます。
傷みやすいスニーカーはそれ自体が不衛生に見えてしまいがちなので避けたほうが良いでしょう。

Share on Facebook
LINEで送る
Share on reddit

No Comments »

debuo on 21:05:33 in 基礎知識