Powered by fun9.net

「清潔感」を持つには

一般的にデブに対する悪いイメージはいくつかありますが
その中でも清潔感はイメージを左右する大きなポイントです。
では清潔感とは何なのでしょうか。
今回は清潔感について解説していきたいと思います。

まず、一番最初に覚えておいて欲しいのは

清潔にしている≠清潔感です。

いくら服を洗濯し、風呂に入って身体を丁寧に洗っていても
「清潔感」のある服を着ていないとそうは見えません。

まず典型的な例としてこちらを御覧ください。

こちらは典型的なオタクファションの不潔感を表すポイントを絵にしたものです。

こちらの画像をもとに解説していきたいと思います。

◆髪型
毛の薄さの薄さは体質なのでどうしようもないですが
その時に選ぶ髪型のチョイスで印象が変わります。


毛が薄い場合、肌と少ない毛のコントラストがより不潔感を演出してしまうので、
なるべく坊主、または短い髪型にすることが好ましいです。

ちなみに短い髪型にもある程度バリエーションがあるのでショートにすることに抵抗がある方もこういったヘアカタログを見ると多少心理的負担が減るのでは無いでしょうか。

◆もみあげ
こちらはもみあげの範囲が長いにもかかわらず剃ってしまうとその境界部分が青くなり悪い方向に目立ちます。
なのでもみあげはなるべく残したほうが良いです。

◆ヒゲ
青いヒゲ剃り後が目立つようであれば髭を残し、整えたほうが「清潔感」があります。
または、ある程度毛抜で抜いて青さを減らしたほうが好ましいです。

◆服のよれ具合
糸のほつれ、首元のゆるみなどはかなり不清潔に見えるので首元がよれていたり、ほつれた糸があるものは使わないほうが無難です。

◆色
こちらはまず大前提としてくすんだ色、特にオイルを混ぜたような色のものは「汚れたもの」の色に近いので特に不潔な印象を与えやすいです。
(洗いすぎて色落ちした服もどうようにくすんだ色になりがちですので注意してください)

こういった色を使いつつ不衛生な印象を与えない柄の典型的な例としては

カウチンセーターの様な柄やネイティブアメリカン柄があります。
こちらの服装は肌の色が浅黒い、または肌の色が暗めの方には自然に馴染みやすい特性があります。

いかがでしたでしょうか。
該当する部分はありましたでしょうか。

社会生活を行う上で清潔であることは重要です。
しかし、清潔しているにもかかわらず、清潔に見られないという悩みをお持ちの方もおられるのでは無いでしょうか。
そういった方の参考になれば幸いです。

Share on Facebook
LINEで送る
Share on reddit

No Comments »

debuo on 20:06:49 in 基礎知識