Powered by fun9.net

デブのための髪型 女性向け基本編

髪型はファッションにおいてかなり重要な要素です。
髪型一つで全体の印象を左右してしまうこともあります。
今回は基本的な知識について解説していきたいと思います。


まずデブの顔の周りで太さを目立たせるポイントはこの赤で縁取られている部分です。
なので基本はこの部分を髪の毛で覆って隠します

この赤い部分が目立ちやすい髪型の典型的な例はベリーショートです。

これは先ほど上げた赤いアウトラインがとても目立つ上に、
丸いシルエットが強調されてしまいます。

もしショート系の髪型にしたい場合は髪の上部にパーマやブローなどでボリュームを作り
ゆるめの逆三角形を作ることがポイントです。


そうすると相対的にアゴの方が細く見え、全体の太さが目立たなくなります

ただし、同じ逆三角形のシルエットを作る髪型の中でも
ショートのツインテールは顔が大きく見えてしまうので注意してください。

これは顔の近くに顔よりかなり小さい塊があるため、相対的に顔の大きさが強調されているのが原因です。
もし、ツインテールをするのであればテール部分のボリュームを増やし、顔の大きさが目立たないようにしておきましょう。

他に毛が細く量の少ないストレート黒髪は
顔の大きさが目立ちやすいので注意して下さい。

このタイプの印象を改善する方法としては

A 色を明るめのものに変える

髪は黒に近いほど収縮して小さく見えます。
髪の色を明るくすると多少肥大して見えるので
少ないボリュームを誤魔化すのには適しています。

B パーマでボリュームを作る

パーマで髪の毛にウエーブを作ると毛と毛がぶつかり合い厚みを出すことができます。
毛の量が少ないストレートヘアは頭の形がハッキリ出てしまい顔の大きさが強調されます。
なので出来るだけ髪の毛の量を多く見せて目立たないようにした方が効果的です。

ちなみにパーマと一口に言っても
大きなウェーブを作るものから小さなウェーブを作るものなど種類がいくつもありますので
美容院ではボリュームを出したいという旨を伝えて下さい。

C エクステを活用する


髪の毛を束ねたりするタイプの髪型はボリュームの少なさで顔の大きさが強調されがちです。
なのでそういった部分にエクステを使用しボリュームを増やしましょう。

D ウィッグの活用

髪の毛がパーマ等でも対応できないくらい少ない場合はこちらで対応して下さい。

以上参考になれば幸いです。

Share on Facebook
LINEで送る
Share on reddit

No Comments »

debuo on 10:43:33 in 女性用